日本のバレンタインデーの由来

日本版

日本では、1958年ころから流行にあった。

しかしながら、内容は日本に特有の発展を遂行したものとなっ

ています。

 

戦前に日本を訪れた外国人によって行なわれ、戦後まもなく流

通産業あるいは菓子産業によって販売促進のために普及が試み

られたが、1970年代の後半に日本社会では定着されたました。

 

「主として女性が男性に親愛の情をこめてチョコレートを贈る」

という「日本タイプSのバレンタインデー」のスタイルが取り

入れられたのもこのころであった。
なお、バレンタインデーにチョコレートを渡すのがいいのでは?

と最初に考案され実行されたのは太田区の製菓会社である。

 

 

現代日本社会におけるバレンタインデー文化の、起源、普及過

程、社会的機能および歴史的意義などについては、民俗学、社

会学、宗教学および歴史学(文化史、商業史)の各分野から研究

されるべ事項であるが、バレンタインデーについてのまとまっ

た研究は存在しない。

 

日本のバレンタインデーの特徴

日本では、女性が愛の告白として男性ににチョコレートを贈る

習慣があります。

 

 

欧米でもチョコレートは恋人や、お世話になった人に贈ること

はあるが、それは必ずしもチョコレートに制限されているわけ

ではなく、またバレンタインデーに限ったことでもありません。

 

女性から男性に贈るのが大部分で、贈るものの多くがチョコレ

ートに制限されているという点は、日本のバレンタインデーの

大きな特徴です。

 

しかしながら、この日、それはチョコレートに付着しません。

しかし、クッキー、ケーキ、消音器などを示す人は、さらにい

ます。

 

さらに、最近では、チョコレートにこだわらず、ケーキやクッ

キー、マフラーなどを贈る人もいます。

 

また、「恋人までは行かないが、友人として」贈る「義理チョ

コ」、同性(主として女性)間で相互に贈り合ったりする「友チ

ョコ」、男性が女性に渡す「逆方向チョコレート」、自分でか

って食べる

 

「自己チョコ」というものもみられます。

「日本タイプバレンタインデー」の特徴を整理すると、次の3

ポイントのになるでしょう。

 

贈り物で重要なものとして、チョコレートが考えられる点 女性

から男性へ一方通行的贈答である点 女性の愛情表明の機会であ

ると認識さている点 このほか、仕事場における贈答の習慣が強

 

い点や、キリスト教 との直接の関係はほとんど意識されていな

い点も日本タイプバ レンタインデーの特徴です。

 

日本のバレンタインデーの起源と紆余曲折

日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史の起源にに

ついては、下記のようになものがありますが、それは確認され

ません。

 

神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)説東京で発行された英語新

聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』1936年2月12日付けに同

社が広告を公表したことを重視するものである。

 

「あなたのバレンタインデー(=愛し方)にチョコレートを贈り

ましょう」というコピーの広告であった。

 

確認されている最も 古い”バレンタインデーにはチョコ”のこう

こくである。

 

ちなみに以前モロゾフの本社があったを最寄りのステーション

の阪神御影駅南側の広場はバレンタイン広場の名前を持ってい

ます。

 

メリー・チョコレート・カムバニー&伊勢丹説同社が1958年2月

に伊勢丹新宿本店で「バレンタインセール」というキャンペー

ンを行ったことを重視する説である。

 

森永製菓説、伊勢丹説1960年より森永製菓が「チョコレートを

愛している人に贈りましょう」と新聞広告を出し、さらに伊勢

丹が1965年にバレンタインデーのフェアを開催しまし、これが

バレンタインデー普及の機会になったとすね説があります。

 

しかしながら、「バレンタインデー」の文字がある広告が、19

56年の西武百貨店や松屋の新聞広告や、1959年の松坂屋の新聞

広告にも掲載されており、必ずしもデパート業界では伊勢丹が

最初というわけではありません。

 

スポンサードリンク

関連記事

【感動する話】自衛隊さん、ありがとう

これから僕らがこの神戸を 立て直していかなければなりません。

記事を読む

39億円相当の宝くじ当せん金、「必要ない」と全額寄付

カナダで、公営宝くじを勝ち取り、4000万カナダ・ドル(約39 億円)を獲得した退職した男性は、全

記事を読む

【幼馴染との恋愛】 約束の指輪 – 感動する話 【実話】

幼馴染の彼女に渡した指輪の約束にまつわる感動する話です。    

記事を読む

貧乏を公言する男子 【感動する話】

うちの中学は新興住宅地でほとんどが持ち家、お母さんは専業主婦みたいな 恵まれた家庭が多かった。育ち

記事を読む

今、戦場カメラマン渡部陽一氏は何をしている?

「戦場カメラマンの一番の希望は失業することだ」。   戦場の取材中に散った写真

記事を読む

Xmasチキン戦争はファミマとローソンが先行 

クリスマスチキンについて言えば、長年にわたって、ケンタッ キーフライドチキン(KFC)が定番だ

記事を読む

「全聾の作曲家」佐村河内守氏、別人が作曲

全聾(ろう)の作曲家「現代のベートーヴェン」として知られて いる佐村河内守(さむらごうちまもる

記事を読む

【東日本大震災】自衛隊への感謝の手紙【感謝する話】

大川小学校の生徒が書いた   自衛隊さんに感謝の言葉  

記事を読む

【感動】レジ打ち女性の話

レジ打ち女性の話      

記事を読む

パパの時給 【父と娘】 感動する話

毎日仕事ばかりで娘に寂しい思いをさせた父親にまつわるいい話です。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑