桂文枝 上方落語協会長続投意欲も「家庭の危機を抱えているのは現実」

公開日: : 感動 ,

落語家・桂文枝(72)が22日、大阪市内で「創作落語の会」
の会見を開催。その席で演歌歌手・紫艶(38)との“20年不
倫疑惑”に「私の考えが浅はかだった。もっと将来を考えて身を
引き締めてやらなければならなかった」と“謝罪”した。

はっきりと事実を認める言葉はなかったものの、歯切れは悪かっ
た。緊張の面持ちで会見場へ。詰めかけた報道陣を見渡しながら
文枝は会見冒頭、「落語会の会見でこんなに来ていただいて」と
冗談交じりにあいさつ。続けて「すべて私の不徳の致す所」とか
細い声で話した。

前日の21日には東京・神保町花月での公演後に取材に応じた文
枝は「娘というか、そういう感じで応援してきた」と愛人関係を
否定。だが、この日の会見では関係を否定する言葉はなし。一連
の報道で家族に与える影響にも言及し「歯医者にも銀行にも行か
れへんと言われました」と申し訳なさそうだった。

現在は上方落語協会の会長も務め「協会の選挙もあり、どうなる
か分かりませんが、できれば続けたい」と続投へ意欲。ただ同時
に「家庭の危機を抱えているのは現実ですし、嫁さんに苦労かけ
られんなぁと」と状況次第で辞退する可能性も示唆。「独居老人
として心の安らぎを。どうか、そっとしておいてほしい」とお願
いした。

文枝と紫艶については、19日発売の写真週刊誌「フライデー」
が「20年不倫」として報じた。また、この日は紫艶がテレビ朝
日系「羽鳥慎一モーニングショー」の取材に応じ、「父であり恋
人でした」と告白していた。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑