櫻井よしこ氏・呉善花氏 今後の対韓国外交のポイントを語る

公開日: : その他

2014年の日本の外交については、大きな課題になるのは日韓関

係です。

 

韓国は一層反日を強め、中国とも連携を図る姿勢のように見え

るが、実際はどうなのか。 ジャーナリストの櫻井よしこさんと

評論家の呉善花氏が分析し ます。

 

呉:中国は韓国が擦り寄っても、絶対に韓国を「対等な国」と

見なさないでしょう。

 

朝鮮半島を取り込もうというの中国の目的です。

しかしながら、南北統一は絶対的にさせない。

 

 

中国は利用するだけ利用して、いつも裏切るのです。

現在の韓国は、そのわなにまんまと嵌っているように見えます。

 

 

櫻井:それでも中国が防空識別圏に(韓国が領有権を主張してい

ます)離於((イオ)島を含めたことにより、韓国に警戒感が生ま

れ始めていますか。

 

韓国が突如、TPP(環太平洋経済連携協定)に参加したいと表明

したことも、中国と距離を置いて日米側に期待という考えでし

ょうか。

 

呉:これだけ反日を煽っただけに急に日本側につくのは困難な面

もあると思います。

 

「やはり日本は大切な隣国です」と言い出したら、日本人は韓

国を許せるでしょうか。

 

櫻井:朴槿惠大統領(パククネ)大統領の登場で、日本人の対韓感

情が害されたことはたしかです。

 

しかしながら、「国益のため、韓国とは同じ方向を向く必要があ

る」と言えば、感情論では素直に頷けなくても、納得する日本人

は多いと思います。

 

日本人には感情と理性の区別はつきますから。

 

呉:それが日本人の精神性ですね。

しかしながら、そのことが韓国を甘やかしてしまう。

私は韓国を受け入れるにしても、彼らの我が儘な言い分に乗らず、

毅然とした態度を見せ続けるべきだと考えます。

 

韓国人は交通事故を起こすと、まず「お前が悪い」と相手を責め

ます。

 

その時、少しでも謝罪すれば、すべてこちらが悪いことにされて

しまいます。

 

譲歩できない部分では毅然とした態度を取りながら、外交では協

力しましょうという態度に徹したわうがいいと思います。

 

櫻井:その通りですね。慰安婦問題にしても、やってもいない強

制連行を世界中に喧伝され、間違ったイメージを広められていま

す。

 

韓国にたいしてはもちろん、国際社会に向けても、しっかり言う

べきことは言わなければいけません。

 

呉:日韓関係は、後になればなるほどこじれていくと思います。

その場しのぎで謝っていたら、問題は永遠に解決しません。

 

ですから、日本はすぐに毅然とした対処をしなければならない。

今が最後のチャンスであると思います。

 

櫻井:日本は、今年がまさに正念場、安倍首相ならやってくれると

思います。

 

スポンサードリンク

関連記事

【感動する話】突然、私の上司が解雇になった

仕事をしていると苦手な上司や苦手な人間関係が できたりすることはほとんどの職場であ­るかと思います

記事を読む

絶食のダイオウグソクムシ死ぬ

三重県鳥羽市の水族館で、5年以上、餌を食べず、絶食を続け る生き物として人気を集めていた深海の

記事を読む

【感動する話泣ける話・家族長編】姪っ子が嫁に行った・時短リメイク版

姪は父と俺だけにはなついてくれなかった・・・   突然の事故で姪の親族は俺だけにな

記事を読む

ネコが大声で泣いた日 【感動する話】

昔話だけど。実家の猫は赤ちゃんの時、 目も潰れて放置されて    

記事を読む

【感動する話】ダウンタウンの松本人志が体を鍛える理由

松ちゃん… かっこいいな… ダウンタウン大好き。    

記事を読む

海外が日本ヤバい…って感動した画像集

コスプレとかロボットレストランとか、完全に異世界ですね。 もはや私たちは未来を生きているのかもしれ

記事を読む

【感動する話泣ける話youtube家族夫婦編】 美しき空席

昭和45年頃の渡航先、洒落たレストランで夕食をとりました。   どんな人たちが

記事を読む

【東日本大震災】自衛隊への感謝の手紙【感謝する話】

大川小学校の生徒が書いた   自衛隊さんに感謝の言葉  

記事を読む

SMAP生謝罪 グループ存続を表明した

メンバーのあいさつが終了した後、木村拓哉(43)が 「これから自分たちは何があっても前を見て、

記事を読む

グラドル級バストの作り方

女性の多くは、痩せることに執着してバストのケアを怠りがち です。 どうやってお手入れわしたら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑