櫻井よしこ氏・呉善花氏 今後の対韓国外交のポイントを語る

公開日: : その他

2014年の日本の外交については、大きな課題になるのは日韓関

係です。

 

韓国は一層反日を強め、中国とも連携を図る姿勢のように見え

るが、実際はどうなのか。 ジャーナリストの櫻井よしこさんと

評論家の呉善花氏が分析し ます。

 

呉:中国は韓国が擦り寄っても、絶対に韓国を「対等な国」と

見なさないでしょう。

 

朝鮮半島を取り込もうというの中国の目的です。

しかしながら、南北統一は絶対的にさせない。

 

 

中国は利用するだけ利用して、いつも裏切るのです。

現在の韓国は、そのわなにまんまと嵌っているように見えます。

 

 

櫻井:それでも中国が防空識別圏に(韓国が領有権を主張してい

ます)離於((イオ)島を含めたことにより、韓国に警戒感が生ま

れ始めていますか。

 

韓国が突如、TPP(環太平洋経済連携協定)に参加したいと表明

したことも、中国と距離を置いて日米側に期待という考えでし

ょうか。

 

呉:これだけ反日を煽っただけに急に日本側につくのは困難な面

もあると思います。

 

「やはり日本は大切な隣国です」と言い出したら、日本人は韓

国を許せるでしょうか。

 

櫻井:朴槿惠大統領(パククネ)大統領の登場で、日本人の対韓感

情が害されたことはたしかです。

 

しかしながら、「国益のため、韓国とは同じ方向を向く必要があ

る」と言えば、感情論では素直に頷けなくても、納得する日本人

は多いと思います。

 

日本人には感情と理性の区別はつきますから。

 

呉:それが日本人の精神性ですね。

しかしながら、そのことが韓国を甘やかしてしまう。

私は韓国を受け入れるにしても、彼らの我が儘な言い分に乗らず、

毅然とした態度を見せ続けるべきだと考えます。

 

韓国人は交通事故を起こすと、まず「お前が悪い」と相手を責め

ます。

 

その時、少しでも謝罪すれば、すべてこちらが悪いことにされて

しまいます。

 

譲歩できない部分では毅然とした態度を取りながら、外交では協

力しましょうという態度に徹したわうがいいと思います。

 

櫻井:その通りですね。慰安婦問題にしても、やってもいない強

制連行を世界中に喧伝され、間違ったイメージを広められていま

す。

 

韓国にたいしてはもちろん、国際社会に向けても、しっかり言う

べきことは言わなければいけません。

 

呉:日韓関係は、後になればなるほどこじれていくと思います。

その場しのぎで謝っていたら、問題は永遠に解決しません。

 

ですから、日本はすぐに毅然とした対処をしなければならない。

今が最後のチャンスであると思います。

 

櫻井:日本は、今年がまさに正念場、安倍首相ならやってくれると

思います。

 

スポンサードリンク

関連記事

【感動する話】オリンピックでの助け合い- 実話

オリンピックでのハプニングから助け合いにまつわる感動の実話。    

記事を読む

【離婚した話】仕事で大ブレイクした夫が、アルコール依存症になった。それから離婚して16年がたち・・・・

そこに写っていた写真は、 ゴジラみたいな汚いおっさんだった。

記事を読む

怖いけど感動する話【煙草の自販機】 怖い話 感動する話

怖いけど感動する話【煙草の自販機】    

記事を読む

立ち往生ドライバーに「好きなだけパン持ってって!」 

甲府市で観測史上最多の積雪を記録するなど、豪雪の影響を受 けた山梨県では、各地の道路で車が立ち

記事を読む

「全聾の作曲家」佐村河内守氏、別人が作曲

全聾(ろう)の作曲家「現代のベートーヴェン」として知られて いる佐村河内守(さむらごうちまもる

記事を読む

【感動する話】突然、私の上司が解雇になった

仕事をしていると苦手な上司や苦手な人間関係が できたりすることはほとんどの職場であ­るかと思います

記事を読む

Xmasチキン戦争はファミマとローソンが先行 

クリスマスチキンについて言えば、長年にわたって、ケンタッ キーフライドチキン(KFC)が定番だ

記事を読む

【スキンケア話】乾燥肌になるのは、なぜ?

みんなが悩んでいる乾燥肌(ドライスキン)とは、 油脂両のすくなくなる傾向

記事を読む

【感動する話】自衛隊の皆さんはヒーローです。

止まった瞬間、 ものすごい衝撃に襲われました。  

記事を読む

ネコが大声で泣いた日 【感動する話】

昔話だけど。実家の猫は赤ちゃんの時、 目も潰れて放置されて    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑