「全聾の作曲家」佐村河内守氏、別人が作曲

公開日: : その他

全聾(ろう)の作曲家「現代のベートーヴェン」として知られて

いる佐村河内守(さむらごうちまもる)さん(50)が、10数

年前から別人の男性にチノンで作ってもらった曲を自分自身で

作ったと発表してきたことがわかった。

 

代理人の弁護士は5日に明確にしました。 レコード会社は、CD

の出荷の停止を決めました。

 

佐村河内さんは、著書や取材では、ヒロシマ生まれの被爆2世

で、35歳のときに聴力を失って以来、彼は絶対音感が頼りに

作曲活動を実行したことを説明しました。

 

しかし、代理人によれば、10数年前から、佐村河内さんが提案

したイメージを基に、別人の男性が旋律や和声を含め作曲して

いたが、自身の単独作品として発表していました。

 

代理人は「具体的な楽曲の作成を行っている人物の側にも、作

曲家として表に出づらい事情があると食聴いていた」などと説

明し、「ファンの方々を裏切り、関係者の方々を失望させるも

のであることについては、言い訳のできないことであると深く

反省している次第です」とのコメントをしました。

 

佐村河内さんは、4歳で母親がピアノの厳格な英才教育を始めま

した。

 

その他に、幼少からヴァイオリン、尺八、マリンバなどを習う。

 

5歳では「マリンバのためのソナチネ<無の弾劾>Op.1」を作曲

する。

 

小学校(広島市立五日市南小学校)4年生でベートーヴェンのピ

アノソナタやバッハを弾きこなす。

 

10歳のとき「もう教えることはない」と母親から告げられて作

曲家を志望します。

スポンサードリンク

関連記事

【感動する話泣ける話youtube友達編】 あの日の逆走

先日小6の息子の運動会を見に行って、 息子が自閉症の子と二人三脚をしている姿を見て­、 26年前

記事を読む

【泣ける話】同棲していた彼と大喧嘩をした日のこと【涙腺崩壊】

2年間同棲していた彼が 他界した      

記事を読む

【感動する話】あるレジ打ちの女性 【泣ける】

 その女性は、  何をしても続かない子でした

記事を読む

【泣ける話】願い事が一つ叶うなら

彼女は頭が非常に弱かった      

記事を読む

ネコが大声で泣いた日 【感動する話】

昔話だけど。実家の猫は赤ちゃんの時、 目も潰れて放置されて    

記事を読む

【感動する話】ダウンタウンの松本人志が体を鍛える理由

松ちゃん… かっこいいな… ダウンタウン大好き。    

記事を読む

【スキンケア話】乾燥肌になるのは、なぜ?

みんなが悩んでいる乾燥肌(ドライスキン)とは、 油脂両のすくなくなる傾向

記事を読む

生野陽子アナは 球界1億円選手をフッた女

フジテレビ系平日朝の情報番組「めざましテレビ」でメーンキ ャスターを務める生野陽子アナウンサー(2

記事を読む

山本太郎氏、国会でスパッツ姿注意される 品位に「欠ける」と

山本太郎参院議員(無所属)が24日の参院本会議で、タート ルネックにラフなスバッツ姿で臨んでいたこ

記事を読む

【感動する話】祖父の誇りとは・・・・海自の披露宴にて

祖父の誇りとは・・・      

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑