「全聾の作曲家」佐村河内守氏、別人が作曲

公開日: : その他

全聾(ろう)の作曲家「現代のベートーヴェン」として知られて

いる佐村河内守(さむらごうちまもる)さん(50)が、10数

年前から別人の男性にチノンで作ってもらった曲を自分自身で

作ったと発表してきたことがわかった。

 

代理人の弁護士は5日に明確にしました。 レコード会社は、CD

の出荷の停止を決めました。

 

佐村河内さんは、著書や取材では、ヒロシマ生まれの被爆2世

で、35歳のときに聴力を失って以来、彼は絶対音感が頼りに

作曲活動を実行したことを説明しました。

 

しかし、代理人によれば、10数年前から、佐村河内さんが提案

したイメージを基に、別人の男性が旋律や和声を含め作曲して

いたが、自身の単独作品として発表していました。

 

代理人は「具体的な楽曲の作成を行っている人物の側にも、作

曲家として表に出づらい事情があると食聴いていた」などと説

明し、「ファンの方々を裏切り、関係者の方々を失望させるも

のであることについては、言い訳のできないことであると深く

反省している次第です」とのコメントをしました。

 

佐村河内さんは、4歳で母親がピアノの厳格な英才教育を始めま

した。

 

その他に、幼少からヴァイオリン、尺八、マリンバなどを習う。

 

5歳では「マリンバのためのソナチネ<無の弾劾>Op.1」を作曲

する。

 

小学校(広島市立五日市南小学校)4年生でベートーヴェンのピ

アノソナタやバッハを弾きこなす。

 

10歳のとき「もう教えることはない」と母親から告げられて作

曲家を志望します。

スポンサードリンク

関連記事

ネコが大声で泣いた日 【感動する話】

昔話だけど。実家の猫は赤ちゃんの時、 目も潰れて放置されて    

記事を読む

【ファミレス】 お兄ちゃんのお子様ランチ – 感動する話

アレルギーを持つ子供へのファミレス対応にまつわる泣ける話です。    

記事を読む

【感動する話泣ける話youtube家族夫婦編】 美しき空席

昭和45年頃の渡航先、洒落たレストランで夕食をとりました。   どんな人たちがこのテー

記事を読む

【幼馴染との恋愛】 約束の指輪 – 感動する話 【実話】

幼馴染の彼女に渡した指輪の約束にまつわる感動する話です。    

記事を読む

【感動する話】動物の寿命・・・・その理由とは

犬や猫は人間と一緒でなければ生きていけない。 だから動物を飼うときは、最後まで看取ることを考えなけ

記事を読む

【スキンケア話】乾燥肌になるのは、なぜ?

みんなが悩んでいる乾燥肌(ドライスキン)とは、 油脂両のすくなくなる傾向

記事を読む

【動物感動する話泣ける話】 妹の偉大さと虐待されていたタロ

ご近所さんに、旅行に行くからワンちゃん預かってと   頼まれ快くオッケーしました。しか

記事を読む

絶食のダイオウグソクムシ死ぬ

三重県鳥羽市の水族館で、5年以上、餌を食べず、絶食を続け る生き物として人気を集めていた深海の

記事を読む

生野陽子アナは 球界1億円選手をフッた女

フジテレビ系平日朝の情報番組「めざましテレビ」でメーンキ ャスターを務める生野陽子アナウンサー(2

記事を読む

【感動する話】突然、私の上司が解雇になった

仕事をしていると苦手な上司や苦手な人間関係が できたりすることはほとんどの職場であ­るかと思います

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑