「全聾の作曲家」佐村河内守氏、別人が作曲

公開日: : その他

全聾(ろう)の作曲家「現代のベートーヴェン」として知られて

いる佐村河内守(さむらごうちまもる)さん(50)が、10数

年前から別人の男性にチノンで作ってもらった曲を自分自身で

作ったと発表してきたことがわかった。

 

代理人の弁護士は5日に明確にしました。 レコード会社は、CD

の出荷の停止を決めました。

 

佐村河内さんは、著書や取材では、ヒロシマ生まれの被爆2世

で、35歳のときに聴力を失って以来、彼は絶対音感が頼りに

作曲活動を実行したことを説明しました。

 

しかし、代理人によれば、10数年前から、佐村河内さんが提案

したイメージを基に、別人の男性が旋律や和声を含め作曲して

いたが、自身の単独作品として発表していました。

 

代理人は「具体的な楽曲の作成を行っている人物の側にも、作

曲家として表に出づらい事情があると食聴いていた」などと説

明し、「ファンの方々を裏切り、関係者の方々を失望させるも

のであることについては、言い訳のできないことであると深く

反省している次第です」とのコメントをしました。

 

佐村河内さんは、4歳で母親がピアノの厳格な英才教育を始めま

した。

 

その他に、幼少からヴァイオリン、尺八、マリンバなどを習う。

 

5歳では「マリンバのためのソナチネ<無の弾劾>Op.1」を作曲

する。

 

小学校(広島市立五日市南小学校)4年生でベートーヴェンのピ

アノソナタやバッハを弾きこなす。

 

10歳のとき「もう教えることはない」と母親から告げられて作

曲家を志望します。

スポンサードリンク

関連記事

ネコが大声で泣いた日 【感動する話】

昔話だけど。実家の猫は赤ちゃんの時、 目も潰れて放置されて    

記事を読む

【泣ける話】俺にはもったいねえ

癌を隠して生活をしていた。   何で話してくれなかったのか?  

記事を読む

【感動する話泣ける話youtube友達編】 あの日の逆走

先日小6の息子の運動会を見に行って、 息子が自閉症の子と二人三脚をしている姿を見て­、 26年前

記事を読む

貧乏を公言する男子 【感動する話】

うちの中学は新興住宅地でほとんどが持ち家、お母さんは専業主婦みたいな 恵まれた家庭が多かった。育ち

記事を読む

【感動する話】突然、私の上司が解雇になった

仕事をしていると苦手な上司や苦手な人間関係が できたりすることはほとんどの職場であ­るかと思います

記事を読む

【動物感動する話泣ける話】 妹の偉大さと虐待されていたタロ

ご近所さんに、旅行に行くからワンちゃん預かってと   頼まれ快くオッケーしました。しか

記事を読む

今、戦場カメラマン渡部陽一氏は何をしている?

「戦場カメラマンの一番の希望は失業することだ」。   戦場の取材中に散った写真

記事を読む

【感動】豹変した盲導犬

いつもは、おとなしい犬が   突然豹変した   &nbs

記事を読む

直立不動で敬礼 【海軍・海自】 感動する話

海上自衛隊一同と海軍にいたお爺さんにまつわる胸が熱くなる話です。   &nbs

記事を読む

【感動する話泣ける話youtube家族夫婦編】 美しき空席

昭和45年頃の渡航先、洒落たレストランで夕食をとりました。   どんな人たちが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑