「全聾の作曲家」佐村河内守氏、別人が作曲

公開日: : その他

全聾(ろう)の作曲家「現代のベートーヴェン」として知られて

いる佐村河内守(さむらごうちまもる)さん(50)が、10数

年前から別人の男性にチノンで作ってもらった曲を自分自身で

作ったと発表してきたことがわかった。

 

代理人の弁護士は5日に明確にしました。 レコード会社は、CD

の出荷の停止を決めました。

 

佐村河内さんは、著書や取材では、ヒロシマ生まれの被爆2世

で、35歳のときに聴力を失って以来、彼は絶対音感が頼りに

作曲活動を実行したことを説明しました。

 

しかし、代理人によれば、10数年前から、佐村河内さんが提案

したイメージを基に、別人の男性が旋律や和声を含め作曲して

いたが、自身の単独作品として発表していました。

 

代理人は「具体的な楽曲の作成を行っている人物の側にも、作

曲家として表に出づらい事情があると食聴いていた」などと説

明し、「ファンの方々を裏切り、関係者の方々を失望させるも

のであることについては、言い訳のできないことであると深く

反省している次第です」とのコメントをしました。

 

佐村河内さんは、4歳で母親がピアノの厳格な英才教育を始めま

した。

 

その他に、幼少からヴァイオリン、尺八、マリンバなどを習う。

 

5歳では「マリンバのためのソナチネ<無の弾劾>Op.1」を作曲

する。

 

小学校(広島市立五日市南小学校)4年生でベートーヴェンのピ

アノソナタやバッハを弾きこなす。

 

10歳のとき「もう教えることはない」と母親から告げられて作

曲家を志望します。

スポンサードリンク

関連記事

直立不動で敬礼 【海軍・海自】 感動する話

海上自衛隊一同と海軍にいたお爺さんにまつわる胸が熱くなる話です。   &nbs

記事を読む

【感動する話泣ける話youtube家族夫婦編】 美しき空席

昭和45年頃の渡航先、洒落たレストランで夕食をとりました。   どんな人たちが

記事を読む

【東日本大震災】自衛隊への感謝の手紙【感謝する話】

大川小学校の生徒が書いた   自衛隊さんに感謝の言葉  

記事を読む

【感動する話】祖父の誇りとは・・・・海自の披露宴にて

祖父の誇りとは・・・      

記事を読む

怖いけど感動する話【煙草の自販機】 怖い話 感動する話

怖いけど感動する話【煙草の自販機】    

記事を読む

コロッケ次男 佐渡ケ嶽部屋入り

ものまねタレント・コロッケの次男滝川歩君(18)が、相撲界に 入るであろうことが決定されました。

記事を読む

【スキンケア話】肌荒れ回復はこれで

顔の肌荒れを回復させるには、 遅く就寝する習慣を金輪祭やめて

記事を読む

櫻井よしこ氏・呉善花氏 今後の対韓国外交のポイントを語る

2014年の日本の外交については、大きな課題になるのは日韓関 係です。  

記事を読む

【感動する話】突然、私の上司が解雇になった

仕事をしていると苦手な上司や苦手な人間関係が できたりすることはほとんどの職場であ­るかと思います

記事を読む

海外が日本ヤバい…って感動した画像集

コスプレとかロボットレストランとか、完全に異世界ですね。 もはや私たちは未来を生きているのかもしれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑