「全聾の作曲家」佐村河内守氏、別人が作曲

公開日: : その他

全聾(ろう)の作曲家「現代のベートーヴェン」として知られて

いる佐村河内守(さむらごうちまもる)さん(50)が、10数

年前から別人の男性にチノンで作ってもらった曲を自分自身で

作ったと発表してきたことがわかった。

 

代理人の弁護士は5日に明確にしました。 レコード会社は、CD

の出荷の停止を決めました。

 

佐村河内さんは、著書や取材では、ヒロシマ生まれの被爆2世

で、35歳のときに聴力を失って以来、彼は絶対音感が頼りに

作曲活動を実行したことを説明しました。

 

しかし、代理人によれば、10数年前から、佐村河内さんが提案

したイメージを基に、別人の男性が旋律や和声を含め作曲して

いたが、自身の単独作品として発表していました。

 

代理人は「具体的な楽曲の作成を行っている人物の側にも、作

曲家として表に出づらい事情があると食聴いていた」などと説

明し、「ファンの方々を裏切り、関係者の方々を失望させるも

のであることについては、言い訳のできないことであると深く

反省している次第です」とのコメントをしました。

 

佐村河内さんは、4歳で母親がピアノの厳格な英才教育を始めま

した。

 

その他に、幼少からヴァイオリン、尺八、マリンバなどを習う。

 

5歳では「マリンバのためのソナチネ<無の弾劾>Op.1」を作曲

する。

 

小学校(広島市立五日市南小学校)4年生でベートーヴェンのピ

アノソナタやバッハを弾きこなす。

 

10歳のとき「もう教えることはない」と母親から告げられて作

曲家を志望します。

スポンサードリンク

関連記事

【感動する話】「9.11」と日本人ボランティア【1分涙腺崩壊】

忘れることは出来ない「9.11」の同時多発テロ。そこで日本人の11人の消防官が集­まって、 &

記事を読む

ネコが大声で泣いた日 【感動する話】

昔話だけど。実家の猫は赤ちゃんの時、 目も潰れて放置されて    

記事を読む

Xmasチキン戦争はファミマとローソンが先行 

クリスマスチキンについて言えば、長年にわたって、ケンタッ キーフライドチキン(KFC)が定番だ

記事を読む

グラドル級バストの作り方

女性の多くは、痩せることに執着してバストのケアを怠りがち です。 どうやってお手入れわしたら

記事を読む

旅の移動中もコレで眠れる!?お顔のハンモック「NodPod」が気持ち良さそう

https://youtu.be/9WKlCAGESRI

記事を読む

感動する話 – ぼくがいるよ

第5回日本語大賞において小学生の部で文部科学大臣賞を受賞した   小学校4年生

記事を読む

【感動する話】突然、私の上司が解雇になった

仕事をしていると苦手な上司や苦手な人間関係が できたりすることはほとんどの職場であ­るかと思います

記事を読む

フジ中村光宏アナの母!「生野さんお嫁にきて」

"カトパン"ことフジテレビの加藤綾子アナウンサー(28歳)と、 テキサス・レンジャーズのダルビ

記事を読む

2代目波平は茶風林が担当…「ちびまる子ちゃん」の永沢君役

1月27日に急に他界した声優の永井一郎さん(享年82)が声 を担当していたアニメ「サザエさん」(日

記事を読む

【東日本大震災】自衛隊への感謝の手紙【感謝する話】

大川小学校の生徒が書いた   自衛隊さんに感謝の言葉  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑