絶食のダイオウグソクムシ死ぬ

公開日: : その他

三重県鳥羽市の水族館で、5年以上、餌を食べず、絶食を続け

る生き物として人気を集めていた深海のダンゴムシの仲間「

ダイオウグソクムシ」が死にました。

 

何も胃の中には入っていなかったということです。

 

「ダイオウグソクムシ」はメキシコ湾などのような深海に生

息する体長30cmほどのダンゴムシの仲間です。

 

三重県鳥羽市の鳥羽水族館では9匹を飼育していますが、この

うちの1匹が5年前の平成 21年1月にアジを食べて以来、餌を

食べなくなり、絶食を続ける生き物として人気を集めていま

した。

 

水族館によれば、飼育員が14日夕方、数か月に1回程度の餌や

りをしたところ、全く動かず、死んでいるのが確認されまし

た。

 

何も胃の中には入っていなかったということです。

 

朝の時点では生きていたということで、絶色の期間は14日で

5年と43日になっていました。

 

鳥羽水族館は「餌を食べさせることができず残念ですが、ダ

イオウソクムシという生き物を有名にしてくれたことに感謝

したいです」と話しています。

 

ダイオウグソクムシ メキシコ湾および西大西洋周辺深海200

– 1000メートルほど の深さの海底砂泥地に生息しています。

 

等脚類としては世界最大であり、体長は20 – 40cmで、最大

50cm近くにもなる巨大な種です。

 

日本の最大の等脚類であるオオグソクムシでさえ最大15cmぐ

らいなのに比べ、遙かに大型となり、体重は1kgを上回る。

スポンサードリンク

関連記事

【幼馴染との恋愛】 約束の指輪 – 感動する話 【実話】

幼馴染の彼女に渡した指輪の約束にまつわる感動する話です。    

記事を読む

櫻井よしこ氏・呉善花氏 今後の対韓国外交のポイントを語る

2014年の日本の外交については、大きな課題になるのは日韓関 係です。  

記事を読む

旅の移動中もコレで眠れる!?お顔のハンモック「NodPod」が気持ち良さそう

https://youtu.be/9WKlCAGESRI

記事を読む

【泣ける話】海に奪われた彼女

彼女の家に津波が来て   彼女をさらってしまった   &

記事を読む

小林カツ代さん 長男の交通事故を知らず逝く

テレビ、雑誌などに活躍を果たした料理研究家の小林カツ代さ ん(享年76)が多臓器障害のため1月23

記事を読む

【感動する話泣ける話youtube友達編】 あの日の逆走

先日小6の息子の運動会を見に行って、 息子が自閉症の子と二人三脚をしている姿を見て­、 26年前

記事を読む

感動する話 – ぼくがいるよ

第5回日本語大賞において小学生の部で文部科学大臣賞を受賞した   小学校4年生

記事を読む

【感動する話】オリンピックでの助け合い- 実話

オリンピックでのハプニングから助け合いにまつわる感動の実話。    

記事を読む

【スキンケア話】肌荒れ回復はこれで

顔の肌荒れを回復させるには、 遅く就寝する習慣を金輪祭やめて

記事を読む

【泣ける話】俺にはもったいねえ

癌を隠して生活をしていた。   何で話してくれなかったのか?  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑