絶食のダイオウグソクムシ死ぬ

公開日: : その他

三重県鳥羽市の水族館で、5年以上、餌を食べず、絶食を続け

る生き物として人気を集めていた深海のダンゴムシの仲間「

ダイオウグソクムシ」が死にました。

 

何も胃の中には入っていなかったということです。

 

「ダイオウグソクムシ」はメキシコ湾などのような深海に生

息する体長30cmほどのダンゴムシの仲間です。

 

三重県鳥羽市の鳥羽水族館では9匹を飼育していますが、この

うちの1匹が5年前の平成 21年1月にアジを食べて以来、餌を

食べなくなり、絶食を続ける生き物として人気を集めていま

した。

 

水族館によれば、飼育員が14日夕方、数か月に1回程度の餌や

りをしたところ、全く動かず、死んでいるのが確認されまし

た。

 

何も胃の中には入っていなかったということです。

 

朝の時点では生きていたということで、絶色の期間は14日で

5年と43日になっていました。

 

鳥羽水族館は「餌を食べさせることができず残念ですが、ダ

イオウソクムシという生き物を有名にしてくれたことに感謝

したいです」と話しています。

 

ダイオウグソクムシ メキシコ湾および西大西洋周辺深海200

– 1000メートルほど の深さの海底砂泥地に生息しています。

 

等脚類としては世界最大であり、体長は20 – 40cmで、最大

50cm近くにもなる巨大な種です。

 

日本の最大の等脚類であるオオグソクムシでさえ最大15cmぐ

らいなのに比べ、遙かに大型となり、体重は1kgを上回る。

スポンサードリンク

関連記事

【感動する話】あるレジ打ちの女性 【泣ける】

 その女性は、  何をしても続かない子でした

記事を読む

山本太郎氏、国会でスパッツ姿注意される 品位に「欠ける」と

山本太郎参院議員(無所属)が24日の参院本会議で、タート ルネックにラフなスバッツ姿で臨んでいたこ

記事を読む

【感動する話泣ける話・家族長編】姪っ子が嫁に行った・時短リメイク版

姪は父と俺だけにはなついてくれなかった・・・   突然の事故で姪の親族は俺だけにな

記事を読む

【感動する話】笑う女子高生【胸がスーッとする武勇伝】

【胸がスーッとする武勇伝】    

記事を読む

今、戦場カメラマン渡部陽一氏は何をしている?

「戦場カメラマンの一番の希望は失業することだ」。   戦場の取材中に散った写真

記事を読む

【感動する話泣ける話youtube家族夫婦編】 美しき空席

昭和45年頃の渡航先、洒落たレストランで夕食をとりました。   どんな人たちが

記事を読む

日本のバレンタインデーの由来

日本版 日本では、1958年ころから流行にあった。 しかしながら、内容は日本に特有の発展

記事を読む

【幼馴染との恋愛】 約束の指輪 – 感動する話 【実話】

幼馴染の彼女に渡した指輪の約束にまつわる感動する話です。    

記事を読む

【感動する話】オリンピックでの助け合い- 実話

オリンピックでのハプニングから助け合いにまつわる感動の実話。    

記事を読む

【感動】豹変した盲導犬

いつもは、おとなしい犬が   突然豹変した   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑