大雪で立ち往生 徒歩8時間 決死の生還

公開日: : その他

北杜市須玉町比志の自宅に帰る県道で14日に車が立ち往生した
会社員神戸高志さん(31)が19日までに山梨日日新聞の取材に
応じ婚約者の子供らと車で一夜ょ明かし、徒歩で自宅を目指し
た当時の心境を語った。

 

雪をかき分けながら歩くこと8時間以上。
たどり着いた自宅は行きに閉ざされていました。

 

神戸さんは14日夜、仕事を終え、婚約者(31)と3人の小学生の
子ども、母親(61)と自動車によってに自宅に向かっていた。

 

県道を進むにつれて雪が降り積もり、自宅まであと2~3kmのポ
イントにあるトンネルから出られなくなった。

 

近くの交番に助けを求めたが、スコップを課してくれただけ。
雪崩がごう音を立てる中、一夜を過ごしました。

翌朝、トンネルの先は高さ1メートル以上の雪。

携帯電話のバッテリーが切れて助けを呼べず、車内には飲み物
さえない。

 

子どもたちの精神状態は限界に近づく。
自宅には介護が必要な祖母(91)が1人です。

待っていても、助けがいつ来るか分かりません。
神戸さんは覚悟を決めました。

 

スコップで雪をかき分け、道をつくりながら進むが、雪崩で2メ
ートル以上積もっている場所もありました。

 

悪い足の母親は這うようにして進み、子どもたちの体は冷え、
ほおは紫色に変わっていた。

 

集落に近づくと、気づいた住民が道をつくってくれ、ようやく
自宅にたどり着きました。

約30世帯の集落の大半は高齢者です。

 

10人ほどで雪かきをし、行き来はできるようになったが、県道
の除雪は手つかずです。

食料が底を突き始めました。

 

テレビやインターネットなどで情報を収集しましたが、「須玉
町比志」に関する情報はなく、寸断された県道は通行止め情報
にさえ入っていなかった。

 

「いつまでこんな状態が続くのか」。重機で除雪が進む他地域
のニュースを耳にするたご、うらやましく感じました。

 

18日にようやく県道が除雪されたが、気持ちは複雑。
「もっと大きな災害が生じたらいったいどうなるんだろう。

北杜市の隅にある小さな集落は、真っ先に忘れられてしまう」

スポンサードリンク

関連記事

【感動する話】世界で最も貧乏なムヒカ大統領のスピーチ

ムヒカ大統領のスピーチの話    

記事を読む

【感動する話】電車で泣いちゃった赤ちゃん

電車で泣いちゃった赤ちゃん    

記事を読む

【泣ける話】死ぬまで忘れる事は無い暗証番号

乳癌の手術をしているので   結婚できないという彼女  

記事を読む

【泣ける話】願い事が一つ叶うなら

彼女は頭が非常に弱かった      

記事を読む

2代目波平は茶風林が担当…「ちびまる子ちゃん」の永沢君役

1月27日に急に他界した声優の永井一郎さん(享年82)が声 を担当していたアニメ「サザエさん」(日

記事を読む

【感動する話】動物の寿命・・・・その理由とは

犬や猫は人間と一緒でなければ生きていけない。 だから動物を飼うときは、最後まで看取ることを考えなけ

記事を読む

貧乏を公言する男子 【感動する話】

うちの中学は新興住宅地でほとんどが持ち家、お母さんは専業主婦みたいな 恵まれた家庭が多かった。育ち

記事を読む

【感動】レジ打ち女性の話

レジ打ち女性の話      

記事を読む

海外が日本ヤバい…って感動した画像集

コスプレとかロボットレストランとか、完全に異世界ですね。 もはや私たちは未来を生きているのかもしれ

記事を読む

日本のバレンタインデーの由来

日本版 日本では、1958年ころから流行にあった。 しかしながら、内容は日本に特有の発展

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑