大雪で立ち往生 徒歩8時間 決死の生還

公開日: : その他

北杜市須玉町比志の自宅に帰る県道で14日に車が立ち往生した
会社員神戸高志さん(31)が19日までに山梨日日新聞の取材に
応じ婚約者の子供らと車で一夜ょ明かし、徒歩で自宅を目指し
た当時の心境を語った。

 

雪をかき分けながら歩くこと8時間以上。
たどり着いた自宅は行きに閉ざされていました。

 

神戸さんは14日夜、仕事を終え、婚約者(31)と3人の小学生の
子ども、母親(61)と自動車によってに自宅に向かっていた。

 

県道を進むにつれて雪が降り積もり、自宅まであと2~3kmのポ
イントにあるトンネルから出られなくなった。

 

近くの交番に助けを求めたが、スコップを課してくれただけ。
雪崩がごう音を立てる中、一夜を過ごしました。

翌朝、トンネルの先は高さ1メートル以上の雪。

携帯電話のバッテリーが切れて助けを呼べず、車内には飲み物
さえない。

 

子どもたちの精神状態は限界に近づく。
自宅には介護が必要な祖母(91)が1人です。

待っていても、助けがいつ来るか分かりません。
神戸さんは覚悟を決めました。

 

スコップで雪をかき分け、道をつくりながら進むが、雪崩で2メ
ートル以上積もっている場所もありました。

 

悪い足の母親は這うようにして進み、子どもたちの体は冷え、
ほおは紫色に変わっていた。

 

集落に近づくと、気づいた住民が道をつくってくれ、ようやく
自宅にたどり着きました。

約30世帯の集落の大半は高齢者です。

 

10人ほどで雪かきをし、行き来はできるようになったが、県道
の除雪は手つかずです。

食料が底を突き始めました。

 

テレビやインターネットなどで情報を収集しましたが、「須玉
町比志」に関する情報はなく、寸断された県道は通行止め情報
にさえ入っていなかった。

 

「いつまでこんな状態が続くのか」。重機で除雪が進む他地域
のニュースを耳にするたご、うらやましく感じました。

 

18日にようやく県道が除雪されたが、気持ちは複雑。
「もっと大きな災害が生じたらいったいどうなるんだろう。

北杜市の隅にある小さな集落は、真っ先に忘れられてしまう」

スポンサードリンク

関連記事

【感動する話】ミッキーからの手紙 【いい話】

病院に入院している妹にミッキーから手紙がきた。 実は、それを書いたのは、・・・・ &nb

記事を読む

【感動する話】あるレジ打ちの女性 【泣ける】

 その女性は、  何をしても続かない子でした

記事を読む

絶食のダイオウグソクムシ死ぬ

三重県鳥羽市の水族館で、5年以上、餌を食べず、絶食を続け る生き物として人気を集めていた深海の

記事を読む

【離婚した話】仕事で大ブレイクした夫が、アルコール依存症になった。それから離婚して16年がたち・・・・

そこに写っていた写真は、 ゴジラみたいな汚いおっさんだった。

記事を読む

【感動する話】ダウンタウンの松本人志が体を鍛える理由

松ちゃん… かっこいいな… ダウンタウン大好き。    

記事を読む

【スキンケア話】肌荒れ回復はこれで

顔の肌荒れを回復させるには、 遅く就寝する習慣を金輪祭やめて

記事を読む

「全聾の作曲家」佐村河内守氏、別人が作曲

全聾(ろう)の作曲家「現代のベートーヴェン」として知られて いる佐村河内守(さむらごうちまもる

記事を読む

怖いけど感動する話【煙草の自販機】 怖い話 感動する話

怖いけど感動する話【煙草の自販機】    

記事を読む

【感動する話】笑う女子高生【胸がスーッとする武勇伝】

【胸がスーッとする武勇伝】    

記事を読む

小林カツ代さん 長男の交通事故を知らず逝く

テレビ、雑誌などに活躍を果たした料理研究家の小林カツ代さ ん(享年76)が多臓器障害のため1月23

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑