AKB48組閣で大波乱…高橋みなみ、揺れるメンバーに涙の喝!

公開日: : 芸能

24日、東京・Zepp DiverCity TOKYOでAKB48グループ内メンバ
ーを再編成する「AKB48グループ大組閣祭り~時代変わる。

 

だけど、僕らは前しか向かねえ!~」が行われました。
各チームのメンバーが入り乱れる組閣となり、愛着あるチーム
との分離を涙するメンバーも続出しました。

 

大波乱の展開に対し、最後にあいさつを求められたAKB48グル
ープ総監督の高橋みなみは涙ながらメンバーたちに喝を入れま
した。

 

今回で3回目になるAKB48グループの組閣ですが、単独イベント
での開催は初めてです。

 

開始前らファンの間でも様々な期待や不安が飛び交っていたが
、蓋を開けるとその予想以上の展開に。

 

特に、「交換留学生システム」として、AKB48の公式ライバル
・乃木坂46の生駒里奈がAKB48のチームBを兼任、さらにSKE48
チームEの松井玲奈と乃木坂46の兼任が発表されると会場は騒
然となった。

 

更に、柏木由紀のAKB48チームBとNMB48チームNの兼任が発表
されたほか、AKB48からは、梅田彩佳と市川美織、菊地あやか、
藤江れいならがNMB48に移ります。

 

更に、岩田華怜、山内鈴蘭、佐藤かみれなどのSKE48移籍が明
らかになりました。

 

この結果に関して、高橋は「本当になめていました。

 

ここまでメンバーがバラバラになるとは正直思っていません
でしたし、ショッキングな所もあります」と気持ちの整理がつ
かない様子でした。

 

しかしながら、「でも、ある意味興味のあるチームだと思いま
す」と気持ちを切り替えるように語ると、「やらされているの
ではなく、私たちは自分の夢に向かって一生懸命歩む気持ちで
歌っています。

 

移籍と言われたから移籍、兼任になったから兼任というのでは
なく、その場所で得るものを得て、この組閣が1年後に大成功
だったと言えるように頑張っていきたいと思っています」とメ
ンバーに喝を入れるように、目を浮かべながらけっいを明かし
た。

 

またすでに卒業が決まっているため、解説員として参加した大
島優子は「気持ちもすごくわかるし、いろんな立場とかもわか
る」とメンバー全員の心中を察しながらも、「言えることは、
全部自分で(道を)切り開くこと。

 

そうすれば、そこが自分の居場所になって光が見えるはずなの
で、がんばってほしい」と力強くエールを送った。

 

なお、今回の移籍などに意見があるメンバーは、26日の18時ま
でに運営委員会に申し出ることができます。

スポンサードリンク

関連記事

SMAP「27時間テレビ」総合司会5人で初!

人気グループ、SMAPが7月放送のフジテレビ系「FNSの日27時 間のテレビ(仮)」でそう司会を務

記事を読む

「テレ東はこっちから出入り禁止」 さんまが確執明かす

明石家さんまさん(58)について言えば、司会者としてのスキル の高さはもちろん、若い芸能人も真っ青

記事を読む

大島「スカートの中」撮られ苦笑

AKB48の高橋みなみ(22)、大島優子(25)ら16人のメンバーが12 日、埼玉市の浦和南高校で

記事を読む

溝端淳平と片瀬那奈が7歳差愛

溝端淳平(25)および片瀬那奈(32)に恋人関係があることは5日 に明らかになった。 &nb

記事を読む

春香クリスティーン、靖国参拝に「ヒトラーの墓参り」発言 ネット鎮火せず、朝鮮日報も追随

春香クリスティーンの(21)発言は、安倍晋三首相の靖国神社への 参拝に関する論争を引き起こしま

記事を読む

その2【M13】〈ぱちスロAKB48 バラの儀式〉未公開のスペシャルMC

〈ぱちスロAKB48 バラの儀式〉機種サイト

記事を読む

NOTTV「AKB48の”あんた、誰?”」9月30日(水)放送分(第858回) / AKB48[公式]

スマホ向け放送局「NOTTV」で毎週月曜〜金曜17:00から放送中の「AKB48­の"あんた、誰?"

記事を読む

【MV】君は今までどこにいた? Short ver./ AKB48[公式]

藤田奈那 1st Maxi Single「右足エビデンス」収録曲。

記事を読む

4周年でガチバトル「柏木由紀 vs 渡辺麻友」篇/ AKB48[公式]

★AKB48ステージファイター4周年ありがとうございます★

記事を読む

misono 岸田健作は元彼と公表

歌手でタレントのmisono(29)が、歌手の岸田健作(35)と以前交 際していたことをブログ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑