Xmasチキン戦争はファミマとローソンが先行 

公開日: : その他

クリスマスチキンについて言えば、長年にわたって、ケンタッ

キーフライドチキン(KFC)が定番だったが、ここ数年、コンビ

ニエンス・ストアがその市場を確実に侵食しています。

 

コンビニエンス・ストアチキンで先鞭をつけたのはFamilyMart

です。

 

発売が2012年10月に始められた「ファミマプレミアムチキン」

(180円)が、それまで売られた”ファミチキ”の高級なバージョ

ンとして味付けや素材にこだわり開発したところ、わずか10日

だけではるかに計画を超過する売上高を記録しました。

 

ですから、あえなく販売休止に追い込まれました。

 

今年のクリスマスはプレミアムチキンに加えて、肉厚な骨付き

の上もも肉を使用した「プレミアムチキン(サイ)」(190円)で

バリエイションを増加し、顧客を堅く囲む戦略にでていました。

 

そのようなファミマの勢いを阻止しようと、他のコンビニエン

ス・ストアもつぎつぎとチキンで勝負を挑戦しました。

 

ローソンは昨年10月末に発売した「黄金チキン」(180円)が、

約20日で1000万食を突破しました。

 

こちらも製造が追い付かず数量制限を準備するなどピーク状態

です。

 

年内に3000万食を見込んでいます。

「鶏肉へ悪臭を消すためにハーブを多く、口に最初に入る衣に

は香りがたつようにスパイスを多く配合しています。

 

当社のデータから見ると、多くの販売数量の時間帯は昼時~夕

食前までで、30代および40代女性の層の購入が多いです。

 

女性に食べることが容易な味付けや製法に工夫を凝らしました」

(ローソンの広報担当者) 更に、ミニストップが「極旨フライド

チキン」(180円)、サーク ルKサンクスが「こだわりフライドチ

 

キン」(160円/数量限定100 万本)、セブンイレブンが「骨付き

揚げ鶏」(350円/数量の限定) などを販売します。

 

年末年始のチキン商戦に食い込みたい考えです。

ここまで需要が増加するコンビニチキンの要因は何なのか。

 

コンビニエンス業界の専門誌「コンビニエンス・ストア・速報」

編集長の清水俊照氏は説明します。

 

「コンビニのホットケースを見ても理解できるように、もとも

とチキン系商品の需要は非常に高い。

 

それに加えて店の数が多いですし、各会社とも製品開発に多く

のエネルギーを注いでいることもあり、より需要を高めていま

す。

 

クリスマス前からは値引きセールはさらに強まっています。

こ の時期にチキンのシェアを高めて通常時の販売にも結びつけ

たい意向なのでしょう。

 

特にローソンは黄金チキンを来年1月以降も販売するので、ここ

で徹底的にアピールをしたいのでしょうね」 各コンビニエンス

・ストア会社の、今後のチキン戦争が継続す るのか。

 

「スパイスや製法など、各社ごとに差別化を進めて多くのシェ

アを捕らえる動きが強まっていくことが予想されます。

 

少数世帯の増加から、チキン以外でも惣菜系商品など店内調理

の需要はますます高まっていくと思われます」 さて、コンビ

ニに完全に凌駕されたケンタッキーは、持ち帰り のから揚げ

専門店『鶏から亭』で巻き返しを目指しています。

 

いわば、根競べの”チキンレース”、最後にかちを取るのはどこ

でしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

2代目波平は茶風林が担当…「ちびまる子ちゃん」の永沢君役

1月27日に急に他界した声優の永井一郎さん(享年82)が声 を担当していたアニメ「サザエさん」(日

記事を読む

【感動する話】ミッキーからの手紙 【いい話】

病院に入院している妹にミッキーから手紙がきた。 実は、それを書いたのは、・・・・ &nb

記事を読む

【感動する話】自衛隊の皆さんはヒーローです。

止まった瞬間、 ものすごい衝撃に襲われました。  

記事を読む

【泣ける話】人生を変えたビデオテープ【涙腺崩壊】

亡くなった母親のビデオテープ    

記事を読む

【芸能人感動する話】ビートたけし動画”おまえたちは あっちにいってろ”

ビートたけしさんがまだ浅草時代のころ、   きよしさんではない相方と組んでいま

記事を読む

パパの時給 【父と娘】 感動する話

毎日仕事ばかりで娘に寂しい思いをさせた父親にまつわるいい話です。   &nbs

記事を読む

「迷走している」と話題の「豆乳 健康コーラ」に意外な事実が

キッコーマンが3月3日に発売した豆乳飲料の新味「豆乳飲料 の健康なコーラ」が、ネット上で話題になっ

記事を読む

感動する話 – ぼくがいるよ

第5回日本語大賞において小学生の部で文部科学大臣賞を受賞した   小学校4年生

記事を読む

海外が日本ヤバい…って感動した画像集

コスプレとかロボットレストランとか、完全に異世界ですね。 もはや私たちは未来を生きているのかもしれ

記事を読む

【泣ける話】願い事が一つ叶うなら

彼女は頭が非常に弱かった      

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑