今、戦場カメラマン渡部陽一氏は何をしている?

公開日: : その他

「戦場カメラマンの一番の希望は失業することだ」。

 

戦場の取材中に散った写真家のロバート・キャバ(享年40)の
名言である。

 

ウクライナ・クリミア半島、シリア、中国雲南省、北朝鮮・
・・・。

 

世界のあちこちでキナ臭さが増している。

 

危険を覚悟で現地を取材するジャーナリストの仕事の重みも
増すが、日本一番”有名”な戦場カメラマンといえば渡部陽一
(41)氏でしょう。

 

3年ほど前にタレントとしてブレークすると、テレビ出演が
激増した。

 

「笑っていいとも!」((フジテレビ系)のレギュラーにもな
った。

 

最近はテレビで見る機会が相当に減少しましたが、やはり戦
場カメラマンの血が騒ぎ、ウクライナや中国に行っているの
だろうか?所属事務所に聞いてみると・・・。

 

「昨年はシリアやアフガニスタンへ行き、本来の取材活動も
していますが、今は日本にいます。

 

主に、小学校、中学校、高校や会社で公演会をやっています。
そこで見たこと、聞いたこと、各国の文化を伝えています。
東京だけじゃなく、日本全国を回っています。

 

写真展をやったり、一時期と比較すると回数も減りましたが、
スケジュールが合えばテレビに出るだろうと思います。

 

まあ、それは容易に合わないですが。

 

現在の仕事の割合は講演会が多いと思います」

 

世界の紛争地域の「今」を写真に収めるのが戦場カメラマン
の本分だが、渡部氏は講演会で「安全最優先で動いています。

家族が第一、仕事は第二」と話している。

スポンサードリンク

関連記事

【泣ける話】海に奪われた彼女

彼女の家に津波が来て   彼女をさらってしまった   &

記事を読む

【東日本大震災】自衛隊への感謝の手紙【感謝する話】

大川小学校の生徒が書いた   自衛隊さんに感謝の言葉  

記事を読む

【離婚した話】仕事で大ブレイクした夫が、アルコール依存症になった。それから離婚して16年がたち・・・・

そこに写っていた写真は、 ゴジラみたいな汚いおっさんだった。

記事を読む

【スキンケア話】肌荒れ回復はこれで

顔の肌荒れを回復させるには、 遅く就寝する習慣を金輪祭やめて

記事を読む

【感動する話泣ける話youtube友達編】 あの日の逆走

先日小6の息子の運動会を見に行って、 息子が自閉症の子と二人三脚をしている姿を見て­、 26年前

記事を読む

【感動する話】あるレジ打ちの女性 【泣ける】

 その女性は、  何をしても続かない子でした

記事を読む

【感動する話】世界で最も貧乏なムヒカ大統領のスピーチ

ムヒカ大統領のスピーチの話    

記事を読む

【感動】レジ打ち女性の話

レジ打ち女性の話      

記事を読む

【泣ける話】忘れられない結婚式【感動】

忘れられない結婚式    

記事を読む

櫻井よしこ氏・呉善花氏 今後の対韓国外交のポイントを語る

2014年の日本の外交については、大きな課題になるのは日韓関 係です。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑