今、戦場カメラマン渡部陽一氏は何をしている?

公開日: : その他

「戦場カメラマンの一番の希望は失業することだ」。

 

戦場の取材中に散った写真家のロバート・キャバ(享年40)の
名言である。

 

ウクライナ・クリミア半島、シリア、中国雲南省、北朝鮮・
・・・。

 

世界のあちこちでキナ臭さが増している。

 

危険を覚悟で現地を取材するジャーナリストの仕事の重みも
増すが、日本一番”有名”な戦場カメラマンといえば渡部陽一
(41)氏でしょう。

 

3年ほど前にタレントとしてブレークすると、テレビ出演が
激増した。

 

「笑っていいとも!」((フジテレビ系)のレギュラーにもな
った。

 

最近はテレビで見る機会が相当に減少しましたが、やはり戦
場カメラマンの血が騒ぎ、ウクライナや中国に行っているの
だろうか?所属事務所に聞いてみると・・・。

 

「昨年はシリアやアフガニスタンへ行き、本来の取材活動も
していますが、今は日本にいます。

 

主に、小学校、中学校、高校や会社で公演会をやっています。
そこで見たこと、聞いたこと、各国の文化を伝えています。
東京だけじゃなく、日本全国を回っています。

 

写真展をやったり、一時期と比較すると回数も減りましたが、
スケジュールが合えばテレビに出るだろうと思います。

 

まあ、それは容易に合わないですが。

 

現在の仕事の割合は講演会が多いと思います」

 

世界の紛争地域の「今」を写真に収めるのが戦場カメラマン
の本分だが、渡部氏は講演会で「安全最優先で動いています。

家族が第一、仕事は第二」と話している。

スポンサードリンク

関連記事

ネコが大声で泣いた日 【感動する話】

昔話だけど。実家の猫は赤ちゃんの時、 目も潰れて放置されて    

記事を読む

【感動する話】笑う女子高生【胸がスーッとする武勇伝】

【胸がスーッとする武勇伝】    

記事を読む

【感動する話泣ける話youtube家族夫婦編】 美しき空席

昭和45年頃の渡航先、洒落たレストランで夕食をとりました。   どんな人たちが

記事を読む

【スキンケア話】乾燥肌になるのは、なぜ?

みんなが悩んでいる乾燥肌(ドライスキン)とは、 油脂両のすくなくなる傾向

記事を読む

「全聾の作曲家」佐村河内守氏、別人が作曲

全聾(ろう)の作曲家「現代のベートーヴェン」として知られて いる佐村河内守(さむらごうちまもる

記事を読む

【感動】豹変した盲導犬

いつもは、おとなしい犬が   突然豹変した   &nbs

記事を読む

【離婚した話】仕事で大ブレイクした夫が、アルコール依存症になった。それから離婚して16年がたち・・・・

そこに写っていた写真は、 ゴジラみたいな汚いおっさんだった。

記事を読む

【感動する話】祖父の誇りとは・・・・海自の披露宴にて

祖父の誇りとは・・・      

記事を読む

【泣ける話】願い事が一つ叶うなら

彼女は頭が非常に弱かった      

記事を読む

【感動する話】電車で泣いちゃった赤ちゃん

電車で泣いちゃった赤ちゃん    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑